現金でキャッシングの支払いを受ける方法

突然の事故や病気の入院など、人生において急にまとまった現金が必要になることがあります。
そんな時に、しっかり準備が出来ていればいいのですがどうしても、手持が不安という場合にはぜひ消費者金融等のキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。
急いでいる場合は、振込などではなく融資を現金で支払いして頂きたい事が多いです。
どのような申し込みをすれば、一番スムーズに現金受け取ることが出来るか説明します。
まず、もっとも早く融資を受けることが出来る申込方法は、ぷろみすの窓口申込です。銀行からのキャッシングに比べると必要書類も審査も簡素化されていますが、それでもなれない方にとって見るとキャッシングもの申込はさまざまな確認事項が必要になります。窓口からの申込みであれば、必要に応じてスタッフが確認してくれるため不備が最小限で済みます。また、心配事などをその場で相談できるため初めての方でも安心です。その後、問題なく審査が通れば即日現金で融資を受けることが出来る為、最も早い方法といえます。

キャッシングの返済におけるボーナス払いの利点と注意点

“キャッシングを利用した場合の返済方法として、多くの金融機関では毎月返済する方法と同様にボーナス払いによる返済方法を利用することもできるようになっています。ボーナス払いによる返済方法は、キャッシングで利用した金額をボーナス月にまとめて返済することができるため、月々の生活費への負担を減らすことができることが最大の利点です。また、月々の返済にプラスしてボーナス払いを行えば、月々の返済だけの場合よりも元金を早く減らすことができるため、返済総額を減らすこともできます。
但し、ボーナス払いによる返済方法を利用する場合には、返済額に注意が必要です。すべての返済をボーナス一括で行うことも可能としている金融機関も多いのですが、その場合、複数のキャッシングなどで利用した金額を、ボーナス月にすべて一度に返済することになります。一方でボーナスの金額は月給と比べると金額が増減しやすく、仕事の成績や世間一般の景況によっても金額が変わることがあります。そのため、ボーナスを見込んでキャッシングを利用しすぎると、返済可能な金額を上回る恐れがあるのです。そうならないためには、ボーナス払いも計画的に利用することが必要です。”

キャッシングでの返済の際の残高不足に関して

キャッシングを利用していて返済の際に残高不足を起こすことは絶対に避けなければいけません。もちろんそれほど間を空けずに返済すればその場は問題なくクリア出来ます。しかし遅れて支払ったということが情報として残ってしまいます。仮にもっと借り入れを多くしたい場合などに、きちんと決められた日に返済出来ない人にはお金を貸してくれない可能性が高くなります。また残高不足で払えない場合は遅延損害金が発生します。無駄な出費がさらに増えてしまいますからこの点でも避けなければいけません。また電話督促があることも覚悟しておかないといけません。最初は連絡先のみですが、なかなか支払ってくれなければ家や職場にかけてくる場合もあります。こうなると落ち着いた環境で生活出来なくなってしまいますから、早めの返済が必要です。残高不足は借りている人間にとってはいいことはありません。支払い日の前には必ず十分なお金が入っているか確認しておくことが大事です。

キャッシングに金利の計算方法を覚えておくように

金利の計算方法の公式は、返済残高×年率金利×利用日数÷年間日数になります。基本的な公式になりますので、キャッシングを利用する方は覚えておくと便利 です。当然ですが、元本である返済残高が減ることで、返済する金額も減ってきます。元金均等返済方式と呼ばれ、返済を続けることによって返済額が少なく なっていきます。

借りれば借りるだけ返済する金額が大きくなり、また元本の減りが少なくなりますので、余裕があるときは、多めに返済をするという計画も重要です。いろんな方式が貸金業者や銀行にありますが、大切なのはリボルビング方式であることだけは知っておきましょう。お金の残高が減るにつれて、返済する金額が変わっていきます。だからこそ元本である残高を減らすことが大切になるのです。

貸金業者や銀行によって毎月返済する金額が変わっていますので、毎月どのくらい返済できるのかで貸金業者や銀行を選ぶことも大切です。また融資をする先として金利が低い業者を選ぶことも重要です。

キャッシングで在籍確認は必要なのか

お金に困った時に便利なのがキャッシングであり、保証人や担保無しですぐにお金を借りる事が出来ます。
ただ、借りる際には審査が行われて、その審査の中では在籍確認が行われるのが一般的です。
自己申告での書類提出では確認しなければ虚偽内容を申告されても判別する事が出来ないですが、そうすると虚偽内容で申告してお金を借りるだけ借りて逃げてしまう人が続出してしまいます。
そんな事になっては貸金業者は営業を続ける事が出来ないですが、出来るだけ手間が掛からずに信用できるかどうかを判別するためにも在籍確認として職場に電話連絡をするのです。
しかし、在籍確認での電話は困るという人も中にはいますので、そうした人たちにとって便利な電話連絡なしでのサービスを提供しているキャッシングも存在しています。
また、事情を前もって説明する事によって、代わりの在籍確認として収入証明書の提出で対応してくれる業者も存在しています。
在籍確認を全くせずに済むわけでは無いですが、電話連絡以外での方法で対応してくれるキャッシングは存在しています。

在籍確認なしでキャッシングを行うことはできるのか

キャッシングに申し込む際にネックとなる点の一つに、在籍確認があります。在籍確認とは、申込書の中に記載されている勤務先が実在していて実態があり、な おかつ申込者本人が在籍しているのかを確認することで、消費者金融会社が申込者に対して融資を行うかどうかを判断するための重要な作業の一つです。なぜこ れがネックになるのかというと、在籍確認は通常は電話で行われており、勤務先に電話されることで借金をしていることが他の社員に知られてしまう可能性があ るからです。
もし、在籍確認なしでキャッシングができれば、誰にも知られずに借金ができるため、これほど良いことはありません。しかし、電話ではなく書類の提出によって在籍確認を行っているところはあるものの、在籍確認なしでキャッシングを行うことができる消費者金融会社は一つもありません。仮に在籍確認なしでキャッシングができるとうたう業者がいるとすれば、この業者は違法行為を行っている可能性が非常に高いので、このような業者からお金を借りるのは絶対にやめましょう。

土日でも即日キャッシングを受けられますか

土日にお金が不足した場合、これまでキャッシングに新規で申し込む場合には、借入は翌日対応というのが常識でした。しかし、最近では、土日でも即日キャッ シングに対応するサービスを提供する業者が出てきました。今のところ、消費者金融でこのサービスに対応しているのは、三井住友銀行グループのプロミス、モ ビット、および三菱東京UFJ銀行グループのアコムの3社になります。
3社とも、営業時間内に自動契約機で契約を完了させカードを入手することで、即日キャッシングが可能となります。また、プロミスの場合には、三井住友銀行とジャパンネット銀行、アコムの場合には楽天銀行に口座があれば、24時間365日振込サービスを受けることができますので、この場合にはカードが必要ありませんので、営業時間内(審査時間内)であればwebからの申込みでも可能となります。ただし、残念ながらモビットでは、24時間365日振込サービスは提供していませんので、カードの入手が必須となります。